食虫植物観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デンドロビューム

<<   作成日時 : 2009/02/15 22:19   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ついこの間、お正月が終わったと思ったら、もう2月になってしまいました。2月と言っても節分が終わり、立春も過ぎて、建国記念日も終わってしまい、すでに半ばになってしまいましたが、月日と言うのは本当に足早に過ぎていきますよね。(T.T)

 ブログも最後に記事を書いたのが昨年の11月でしたので、もうかれこれ3ヶ月も更新していませんが、まあ過ぎてしまったことは忘れて、今日から頑張って更新をしたいと思います。f(^ー^;

 先月の話になってしまいますが、今年は1月1日、2日と天気が悪く、3日、4日になってようやく晴れてくれました。関東地方は1日からずっと良い天気が続いていたようですので、ちょっと損をした気分です。せっかくのお正月なのですから、やはり1日の朝から初日の出を拝みたいものですよね。お正月が終わって、しばらくは良い天気が続いてくれましたが、その後は寒気団が来たおかげで寒い日が続きました。朝から雪がちらついた日もあり、寒さも一段と厳しくなりましたが、月末になると暖かい日もあり、2月になると、日中はずっと暖かい日が続いています。昨年は2月末に寒気団が来て雪が積もりましたので、今年はまだわかりませんが、これだけ日中が暖かいと、ちょっと心配になってきますよ。ちなみに今日も暖かかったですが、昨日も2月にしてはとても暖かいと思っていたら、気温が20度くらいあったようです。関東地方では軒並み20度をあっさりと超えて、静岡県では夏日になったところもあるようですね。
これも地球の温暖化が関係しているのでしょうかね?。(@_@) パチクリ

 先週の11日(水)にMicrosoft社から毎月恒例になっている「重要なセキュリティ更新プログラム」が公開されました。今回は「緊急」が2件、「重要」が2件の合計4件となっています。内容はいつものようにOS系の修正プログラムですので更新がまだの人は「Microsoft Update サイト」で確認して至急インストールをしておいて下さいね。(^.^)



 さて食虫植物のことを書きたいですが、この時期はD.binata、D.filiformis、D.intermedia、D.rotundifoliaなどは冬芽を作って休眠中、サラセニア、ハエトリソウも休眠中、メキシコ産ムシトリスミレは花茎が伸びてきている品種もありますが、冬でも生長する品種以外は冬芽を作って休眠中、高山性ムシトリスミレもまだ休眠中と、いかに食虫植物と言えども冬の時期は寂しいものです。D.capensisやD.spatulataなどの品種は冬芽を作らずに生長を続けていますが、シーズン中ほどの勢いもなく、ほとんどは生長が止まってしまっていると言うのが正解でしょう。寒さにも比較的強いU.sandersonii、U.lividaなどは花が咲いてくれていますし、ドロセラも冬に生育する球根ドロセラや芋根ドロセラは生長してくれていますが、エサとなる虫も飛んでいませんので、この時期に育ってくれてもなんだか気の毒に思えます。f(^ー^;

 2月になりましたので、苗をたくさん栽培している人はそろそろサラセニア、ハエトリソウなどの植え替えを始めていると思いますが、私の場合はピグミードロセラのムカゴを蒔いたら、冬でも成長を続ける食虫植物の様子を見たり、水切れにならないように注意しているだけで他には何もしていません。サラセニア、ハエトリソウの植え替えはしますが、苗もそれほど多くはありませんので2月末頃から始めれば春先の生長には十分間に合います。

 じゃ何をしているのかと言うと、12月になると食虫植物の冬支度をしながらチューリップの球根を植えたり、パンジーなどの寒さにも強い植物を植えたりと、食虫植物以外の植物の世話も時間が許す限りやっています。一般の観葉植物も冬は寂しいものですが、パンジーなどのように寒さにも強く、冬でも元気に花が咲いている植物と言うのが、ホームセンターや園芸店などで捜してみると意外に多くあります。そんな植物を手当たり次第に物色しているわけですが、大型で冬でも綺麗な花を咲かせる観葉植物と言うと、やはり洋ランの仲間でしょう。ホームセンターなどでも冬になるとオンシジューム、シンビジューム、デンドロビュームと言う寒さに比較的強く、温室なしでも栽培が出来る交配種などが手頃な価格で販売されています。2月になると花が咲き終わった洋ランは定価の半額くらいで売られていますので、花を気にしなければお買い得です。ただシンビジュームなどは5号鉢から6号鉢に植えられていて、草丈も50センチ以上ある品種が多いので、自動車でも持って帰るのが大変ですけれどもね。尚、テーブルシンビジュームやテーブルオンシジュームと言った3号鉢くらいに植えてある小型の品種も売っていることがありますので、たくさんの種類を育てようと思ったら置き場所も考えなくてはいけませんから、特に室内で冬越しさせようと思ったら小型の洋ランの方が何かと都合が良いと思います。何事も欲張ってはいけませんよ。(^.^)
 なんだか前置きだけで長くなってしまいましたが、今回はタイトル通り、洋ランの仲間のデンドロビュームでも紹介したいと思います。

■ビゼンあけぼの

 これはデンドロビュームのノビル系だと思いますが、すでに花が咲き終わりでしたので500円と言う価格で手に入れました。
 ラベルの名前は「ビゼンあけぼの」となっていました。洋ランなのに日本語の名前が付いているところは、いかにも日本の交配種らしいですね。食虫植物にも日本人の名前が付けられているドロセラなどはありますが、このような名前の食虫植物は聞いたことがありません。こんな名前の食虫植物があっても良さそうですが、ランのように交配の交配の交配が難しいと言うか、出来そうにもありませんので、そんな名前の食虫植物が出てくることはこれからもないと思います。でもネペンテスなら交配が盛んにおこなわれているようですので、いつかは日本人の誰かが「ビゼンあけぼの」なんて言う名前のネペンテスを作ってくれるかもしれませんね。(^.^)

画像


花の写真です。
咲き始めは綺麗な色をしていたのでしょうが、すでに咲き終わりなので花も少し色褪せてしまっています。来年に期待しましょう。
画像


■華子(はなこ)

 これもノビル系だと思いますが、こちらは花がちょうど咲き出している株でしたので、価格は1,000円くらいでした。
こちらのラベルの名前は「華子(はなこ)」となっていました。花が咲いていても、たったの1,000円って、なんて安いのでしょうね。
 洋ランの仲間は種子で増やすことは難しいそうですが、それなのにこんな価格で販売されていると言うのは「組織培養」などの技術が盛んにおこなわれているからでしょう。良い時代になったものです。もちろん、もっと価格が高い品種もありますが、洋ランを専門で育てている訳でもありませんので、これくらいの価格のもので十分です。(^.^)

画像


 ちなみに食虫植物で500円から1,000円と言うとドロセラ、ハエトリソウ、サラセニア、ムシトリスミレなどが夏になるとホームセンターや園芸店で、これくらいの価格で販売されていますが、種類が違いますので単純には比較は出来ませんが、食虫植物って値段が高いですよね。ほとんどの品種は個人でも種子で増やせるのに、もっと安くなってもおかしくないと思います。D.capensisなんて種子でも容易に増やせますので、1鉢 100円くらいで販売されていてもおかしくないですが、それが出来ないのは一般向けとしてまだまだ普及していないと言うことなのでしょう。食虫植物もブームになりつつあるようで栽培している人が少しずつ増えているようですが、まだまだマニア向けの植物なんですね。f(^ー^;

花の写真です。
綺麗なピンク色の花です。
こちらは8分咲きくらいでしたので、まだまだ当分は咲き続けてくれるでしょう。

画像


■Slc.Yugao`Sazanami'
  (カトレア ユガオ サザナミ)

 これはデンドロビュームではなく、カトレアです。そんなの見ればわかりますね。f(^ー^;
 上記のデンドロビュームと一緒に購入しましたが、ラベルには「Slc.Yugao`Sazanami'」と書かれていました。日本語っぽい名前ですが、日本語ではないかな?。こちらはデンドロビュームよりは少し値段が高いですが、それでも1,500円でした。食虫植物で1,500円と言ったら、球根ドロセラの球根1球、ムシトリスミレ、ネペンテスの小苗、セファロタスの小苗、ヘリアンフォラの小苗と言ったところでしょうかな?。やっぱり高いですねえ〜。(^◇^ ;) ほぇ〜

画像


花の写真です。
これも綺麗なピンク色の花が3輪咲きになっています。
見た目は造花のように見えますが、もちろん生花です。
なかなか見事なものですが、これを来年も咲かせられるかな?。

画像


 カトレアにも色々と種類があるようですが、こちらは「Sophrolaeliocattleya(ソフロレリオカトレア)の仲間」のようです。ソフロレリオカトレアなんて舌を噛みそうですうよね。f(^ー^;
 デンドロビュームの交配種は低温にも強い品種が多いですが、カトレアは寒がりのようですので、冬は10度以上の少し暖かい場所で管理した方が良いようです。デンドロビュームは毎年花が咲きますが、カトレアも花を咲かせようと思ったら春から秋にかけての管理が大事になります。来年も花が見られるように、これから頑張って育てていこうと思います。もちろん食虫植物が本命なので、忘れずに育てますよ。(^.^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デンドロビューム 食虫植物観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる