食虫植物観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS P.ehlersiae

<<   作成日時 : 2009/03/17 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 先週末は全国的に大荒れの天気だったようですね。こちらでは風はそれほど強くは吹きませんでしたが、雨はこの時期にしてはたくさん降っていました。土曜日の夕方には晴れてくれましたが、食虫植物などの植え替えをやりたかったのに、ほとんど何も出来ませんでした。日曜日は良い天気になりましたので、朝から植え替えなどをしていましたが、あまり捗らなかったです。週末に天気が悪いのは勘弁してもらいたいですね。(T.T)

 15日(日)からWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の第2ラウンドが始まりました。一昨日の試合では優勝候補のアメリカがプエルトリコにまさかのコールド負けをしてしまったようですが、試合をやってみないとわからないと言うことですね。f(^ー^;
 日本は昨日が最初の試合でしたが、大会会場がアメリカに移ってしまったので試合時間も時差の関係で、日本時間の平日の午前中と言うのが辛いところですが、昨日は早起きしてテレビ中継を見ましたよ。普段はまだ寝ている時間なので眠たかったです。(-_-) zzz
 対戦相手は世界が認める強豪キューバです。パワーではどう頑張っても負けますので、間違いなくトップクラスですが、ここに勝たないとこの後の試合展開が違ってきますし、もう負けられなくなりますので何よりプレッシャーがかかってくるでしょう。日本のピッチャー陣は大丈夫だと思いましたが、韓国との2戦目で、全く良いところがなくシャットアウト負けをしてしまった打線です。どんなピッチャーだろうと打たないことには点が入りませんので、キューバのピッチャーを打てるのだろうかと見ていましたが、さすがは日本を代表する選手ですね。キューバのピッチャーはそれほど調子が良くなかったというのもあるでしょうが、ここで打てば点が入ると言うチャンスではきっちりと打ってくれました。日本がこんなに打てるとは思ってもいませんでした。f(^ー^;
 日本の先発はメジャーリーガーの松坂ですが、さすがに調子が良かったようでキューバ打線をしっかりと抑えてくれました。その後を引き継いだ岩隈、馬原、藤川もしっかりと抑えてくれたおかげで、結果は意外にも日本が6対0と言う大差で勝ってしまいました。(v^ー°) ヤッタネ

 明日の試合に勝てばベスト4の進出が決まりますが、昨日の日本の試合後に行われた韓国とメキシコの試合では、やはり韓国が勝ちました。これで明日の対戦相手はまたもや韓国になりました。まさに宿命の対決ですね。前回は1対0と言うシャットアウト負けでしたので、明日はきっちりとお返しをしてもらいたいです。
頑張れ、侍ジャパン!。!(^^)!

 先週の11日(水)にMicrosoft社から毎月恒例になっている「重要なセキュリティ更新プログラム」が公開されました。今回は「緊急」が1件、「重要」が2件の合計3件となっています。内容はいつものようにOS系の修正プログラムですので更新がまだの人は「Microsoft Update サイト」で確認して至急インストールをしておいて下さいね。(^.^)


 3月も中旬になりましたが、早くも桜の開花宣言が出た地域もあり、日増しに暖かくなってきていますね。食虫植物も一部の品種は休眠から目覚めつつありますが、今年も無事に枯れることなく、2月末から3月にかけてムシトリスミレの花が咲き出しましたので、その中からいくつかを紹介していきたいと思います。ちなみに珍しい品種はありませんよ。f(^ー^;

■P.ehlersiae
  (ピンギィキュラ エーレルシアエ)

昨年の夏にビオパルコ三明で購入したP.ehlersiaeです。

画像


秋の終わり頃から冬芽が出来て休眠に入りましたので、それ以来、水は全く与えていません。
用土も完全にカラカラの状態になっています。
今も冬芽の状態ですが、水を与えていないにもかかわらず、苗は生きていますので、この冬芽の間から蕾が伸びてきます。すごい生命力ですね。f(^ー^;
蕾が伸びてくると、この写真のように冬芽が何枚か外れてしまいますが、外れた冬芽が風や雨などで流されて用土の上に落ちると、その冬芽から新しい苗が生えてきますので、これを採って葉挿しをしておくと増やすことが出来ます。昨年、葉挿しで増やした苗もあるのですが、あまり大きく育ってくれませんでした。こちらは開花までにはまだまだかかりそうです。f(^ー^;

花が咲いている様子です。
花茎は虫を捕まえないようにと、割と長く伸ばします。

画像


花の写真です。
花は直径が2センチくらいで濃い紫色をしています。

画像


花を拡大してみました。
なかなか綺麗ですね。

画像


他の鉢でも花が咲いてくれました。o(^-^)o

画像


この写真を撮った後、冬芽を何枚か外して葉挿しをしておきました。P.esseriana(エセリアナ)も同じような感じになりますが、あまり冬芽を採りすぎると小さい苗がさらに小さくなって可哀想ですので、欲張って採りすぎないようにして下さいね。(^.^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぜんぜん水を与えなくても大丈夫なんですかw(゚o°)wワォ!
orap
2009/03/29 00:36
メキシコ産ムシトリスミレの中でも冬芽を作って越冬するタイプのものは、水分を空気中から取り込んでいるようですので、特に水を与えなくても大丈夫です。
この辺はサボテンと同じですね。
水は新しい捕虫葉が出てきたら少しずつ与えていけば良いですよ。
ソレイユ
2009/03/29 22:28
おおっ、成長が始まってから水を遣り出せば良いのですね^^
勉強になります。
orap
2009/03/31 21:35
orapさん。
こんばんは!!。

メキシコ産ムシトリスミレの仲間には冬芽を作って冬を越すタイプと冬芽を作らず、冬でも生長しながら冬を越すタイプがあります。
このP.ehlersiaeやP.gypsicolaのように冬芽を作るタイプは冬芽の間は水をやらなくても大丈夫ですが、P.emarginataやP.moctezumaeなどは冬芽を作らないタイプですので、冬でも水は必要ですよ。やりすぎてもダメですけれどもね。f(^ー^;
ソレイユ
2009/04/02 00:13
虫取り菫すごく可愛い
ラッキー
2012/08/08 11:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
P.ehlersiae 食虫植物観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる