食虫植物観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS P.agnata x moctezumae

<<   作成日時 : 2009/03/26 23:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 日に日に暖かくなっていくのは嬉しいのですが、この時期は風が強く吹く日が多いため、体感的にはそれほど暖かいとは感じられませんね。今日も強い風が吹いている分、肌寒かったです。春分も過ぎたことですし、そろそろ本格的に暖かくなって欲しいものです。(T.T);

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝ラウンドが22日(日)から始まりましたが、22日は韓国がベネズエラを10対2という大差で破り、23日には日本がアメリカに9対4で勝ちました。その結果、決勝戦は日本対韓国と言う因縁の対決になりました。決勝戦は昨日おこなわれましたが、9回表までは日本が勝っていましたが、さすがに韓国も強いですね。なんと9回の裏に同点に追いつかれてしまいました。w(゜_゜)w オオー!
 でもそこは侍ジャパンです。延長10回の表にイチロー達大リーガの活躍で2点を追加し、10回の裏に追いすがる韓国をダルビッシュがきっちりと抑えて、日本が大会連覇を成し遂げてくれました。V(^-^) ヤッタ♪

 日本は第2ラウンドでキューバに勝ったことが大きいですね。これで完全に勢いづきました。今大会はアメリカも本腰を入れて大リーガーを主要メンバーに加えていましたが、意外にも故障者続出で本来の力を発揮出来なかったみたいです。日本は強豪キューバ、アメリカを倒したのですから、内心はもうイケイケ状態だったのではないでしょうか?。さすがに韓国は一筋縄ではいきませんでしたが、それでも優勝が出来たのは、運までも味方に付けた選手達全員が一丸となって頑張った結果です。本当に良くやってくれましたよ。この勢いで景気も回復すると良いですね。(^.^)


■P.agnata x moctezumae
  (ピンギィキュラ アグナタ x モクテズマエ)

名前の通り、P.agnataと細長い捕虫葉が特徴のP.moctezumaeとの交配種です。

画像


冬は完全な冬芽にはならず、不確定な冬芽と言った感じになります。
今がちょうど目覚め始めた時ですが、生育期には直径12センチほどの大きさになります。

花の写真です。
花は直径が2.5センチくらいで薄い紫色です。
どちらかと言うとP.agnataの花に似ていますね。(^.^)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
直径12cmにもなるんですかw(゚o°)wワォ!
最近ピンギも栽培し始めて家にもmoctezumaeの交配種があるんですがそこまで大きくなるのかな〜。
orap
2009/03/31 21:34
orapさん。
こんばんは!!。

P.moctezumaeがそれなりに大きくなりますので、P.moctezumaeとの交配種も割と大きく育つようです。
世界最大のムシトリスミレであるP.giganteaとの交配種になると特に大きくなり、P.gigantea x moctezumaeなんて、直径が30センチくらいまでになります。
ビックリですよね。(^.^)
ソレイユ
2009/04/02 00:12
あっ家のP.gigantea x moctezumaeですw(゚o°)wワォ!
orap
2009/04/02 20:13
orapさん。
こんばんは!!。

P.gigantea x moctezumaeを栽培されているようですね。
この品種は乾燥気味でも腰水で育てられますよ。
夏でも腐りにくいし、育てやすい品種です。
ビックリするほど大きくなりますので、頑張って下さいね。
ソレイユ
2009/04/03 23:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
P.agnata x moctezumae 食虫植物観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる